2016年05月14日

一週間に十日来い。

ほんと、いいタイトルだなぁ......と思います。


□今週は毎晩酒場に出掛け、出掛ける度にこの曲がというよりこのタイトルが頭に浮んでいました。
毎朝起きると、6ラウンド程を経て、負け続けているボクサーのような顔で、鏡を見ては笑う。目が開かない。

■酒場にて其の一
「タイトルが全て」とある人に言われる。以前はそうは思わなかった。今はその事がよくわかる。
「(アイデアが浮んだり、曲などできてもすぐに形にせず)しばらく、放っておくことが肝心なのよ」とも言われる。以前はそう思わなかった。忘れてしまうことが嫌だった。だけど、放っておくと、何をやっていてもそのことを常に頭のどこかで考えていることに気付く。頭の中で整理したり、前後させたり、具体的に形を成すための思考を繰り返している。
吉行淳之介が「締め切り日がくるまでなにも書かない」と言っていたことも、外山滋比古が「何か考えが浮んだらこれを寝かせておかなくてはならない」と言っていたことも、今はとても理解ができる。

□酒場にて其の二
「人前で臆せず、躊躇せず泣ける人というのは実は強い人だと思います」と言われる。
以外な返答に「何故ですか?」と聞き返すと「感情を抑え込むというのは簡単なことじゃないですか。人にどう見られても捉えられてもいいと思わなければ人前で泣くというのはなかなかできることではないと思う」と返ってきた。そういう捉え方もあるのかと感心してしまったが、できれば人前で泣くようなことは極力したくない。
隠れて泣くことが美学とも思わないが。

□酒場にて其の三
基本、一人酒が多いのだが、思い立って人を呼び出す癖がある。
呼び出したい人に突然電話やメールをするにもかかわらず皆きちんと返信をくれ、だいたい来てくれる。
特別話したい事があるわけではないのだが、(呼び出した)その人が隣で付き合ってくれ、また、私のどうでもいい話をなんとなく聞いてくれつつ、その人にしか応えることができないだろう切り口で会話のキャッチボールをしてくれる。毎回思うが、周りの友人、知人は博学でいて、頭がよく、優しい。私には備わっていないものをみな自然に(みせれるのもまた凄い)持っている。この〈優しい〉は、言うことをきいてくれるという類いの優しさではなく、辛辣な意見も、批評も、問いかけも全ての発言においておべっかを使わないというものです。友人知人の言葉には、メモせずとも忘れることがないものが多い。それなのに、私ときたら酔っぱらって調子のいいことを喋り倒し、翌日よく後悔している。体たらくぶり。


□酒場にて其の四
「洒脱」という言葉がこんなに似合う人が他にいるだろうかという人に会う。
また、こういう人が真逆のような人間である私とさえ会話がスムーズにできるということにひとしきり感心してしまう。こういう場での話上手、話下手の差はなんだろうと時々考える。聞き上手、下手もそうだ。
話し上手、聞き上手な人を一度じっくり観察したことがあった。するとあることに気付いた。
話し上手は、話していない個所での息継ぎが上手い。聞き上手も相手の息継ぎのタイミングをよく聞いている。
言葉を紡ぐスピードも微妙に調整している。息継ぎ(ブレス)というのは普段の会話の中であまり意識しないけれど、とても重要なのだと改めて思った夜。間の手のタイミングを間違うと相手から本当に聞きだしたい事が遠のくものなのだと思う。自分の(相手への)思いというものを伝えるのではなく、閉まっておく方が面白い話ができることもある。


■酒場にて 其の五
「音楽だけですよ、作品が出てそれを皆が皆賞賛しあうのは」「映画(監督)や本(作家)はどんなに作品を出し続けていても作品によって辛辣な批評だっていつでも出てくるのに」「音楽=作品という捉え方が希薄なのか」
〈わからない〉ものをとりあえず褒めておくというのは音楽に限ったことなのだろうかと、帰り道酔った頭で考えていたら電車を乗り過ごす。乗り過ごしてベンチに座りそんなことより、自身の次のアルバムをどうするのかを悶々と考えだしてしまい、また乗り過ごす。ダサい。こと自分の事となると何故こんなにも膜がかかったようになってしまうのかと深いため息しかでない。

晴れたり曇ったり、いそがしい一週間。






posted by 見汐麻衣 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

告知と近況。

見汐麻衣soloやります。小岩bushbash久しぶりです。平日ですがお越しいただければ幸いです。

5月26日(木)@小岩bushbash
■open19:00 start19:30
■adv1500yen door1800yen(1drink order)
『Tashiro presents-Little Lots』
live:
見汐麻衣(ex.埋火/MANNERS)
FUZZMISSILEFOLK(ex.ototoigroup)
サラダマイカル富岡製糸場グループ
ClaSSIC4(duo)
and more

■ご予約
公演日、公演名、お名前、ご連絡先、希望枚数を明記してinfo@bushbash.orgまでお願いします!
又は見汐の方でも受け付けます。manners_@outlook.comまでお願いします。

________________________________________________

6月は高円寺円盤にて。
6月4日(土) @高円寺円盤
19:00/19:30 Charge¥2,000(1drink付き)
「神戸からのお客さま」
出演:
見汐麻衣
さんましめさば(from神戸)
シネルパ


高円寺円盤から発売されております、コミックミツザワ最新号にもエッセイ書きました。円盤にて500円で販売中でございます。

久しぶりにDJやります。
6月5日(日)@東高円寺U.F.OCLUB
【余命百年 自主企画 第十回 おとむらい】
OPEN 18:30 / START 19:30
前売\2,500(D別) / 当日\3,000(D別)
LIVE:
余命百年
踊ってばかりの国

DJ:見汐麻衣

_______________________________________________________________________________________________

■4月に続いて7月もソロツアー出ます。
1日(金) 長野
2日(土) 福井
3日(日) 富山
戻ってきて7月10日(日)は八丁堀七針にて「うたのしおり7」を開催します。

全て詳細決まり次第お知らせします。ひきがたりシリーズ最新「ひきがたり4」持参のツアーになるかと思います。
_________________________________________________

□今月は百々和宏とテープエコーズの録音やライブ、ひきがたり4でピアノをお願いしている野田薫氏とのリハ、MANNERSで鍵盤、シンセを弾いてくれていた坂口君と新曲をあーだこーだと1月のライブ以来にやりとりを始めたりしていましたらもう5月も半ばになろうかとしております。

□以前、石原(洋)さんに作って頂いたmixCDをここ数ヶ月また毎日聴いています。
Specials/I Can't Stand Itはいつ聴いてもいい。1stしか聴いていなかったので2ndを聴いたとき「ほぉ〜」と思ったのですが、今は2ndを聴く回数のほうが多いです。


△自身の近辺だけに限らず毎日なにかしら耳に入ってくるニュースや出来事に辟易してしまう時があり、
逃げ場にしていた場所がいくつも閉店したりなくなってしまったりして、どうすればいいのか......と思っていた矢先、ずっと素通りしていた新宿御苑に行ってみた。引っ越して以来少し足が遠のいていた新宿がまた近くなりました。
posted by 見汐麻衣 at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 見汐麻衣SOLO LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

Another Time, Another Place



74年作、ソロ2作目。
最近はまたブライアンフェリーばかり聴いている。



posted by 見汐麻衣 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

鞄の中。

自宅から駅まで向う道順が2パターンある。
家を出てすぐに左折するか、しばらくまっすぐに歩いて左折するかの差なのだが、
その日の気分で道順を変えるようにしている。

今日。
家を出た時すぐに左折して駅まで向う道順で行こうと決めた。
鞄の中には手帳とメモ用紙とペン、ハンカチ、煙草、財布、携帯電話、家の鍵、あとはなにかごちゃごちゃしたもの等が入っている。いつも無駄に重い。
家を出て数分後電車に乗る、そのとき私は本を読んでいた。
数分前までは鞄の中になかった文庫本。
道順を決めて歩いている途中、民家の玄関前に
「ご自由にどうぞ、いい出会いになりますように」と書かれたカード、ダンボール箱の中に大量の本があった。
足を止め数秒、背表紙を確認しながら無意識で手にとった2冊。
堀辰雄「幼年時代・晩夏」阿刀田高「仮面の女」
本を買う気分でもなく、読む気分でもなかった。
なかったのに、つい、堀辰雄著の本を開いて読みすすめていた。
9ページ目まで読んだところで、ページ最後の文章に掴まってしまい、何度も読み返していた。
何度も読み返すうちにいつの間にか独り言のようにブツブツと口にしていた。
何故、その文章に掴まったのか自分でもわからなかったが、忘れたくないと思い、鞄をまさぐってメモ用紙を取り出し、その文章を殴り書きした。電車は揺れているからうまく書けない。後で読み返そうと思ってもきっと読み返せないくらい乱筆ではあるがそれでも書きとめ、そのメモを鞄の中に入れた。

目的地に着いて鞄を開けると、先ほどのメモ用紙と別に鞄の底から同じようなメモ用紙が数枚でてきた。
自分でも忘れていた、くしゃくしゃになったそれを開いてみると同じように乱筆な走り書きのメモだった。
内容はたいしたことではなかったが、今日書いたメモ用紙と鞄の底にあったメモ用紙に殴り書きした言葉を全てあわせるとひとつの“答え”になってた。
それは自分が今年に入ってずっと考えていることへの答えだった。
以前、知人に鞄の中身を見られ「見汐さんの鞄、ゴミ箱みたい……」と言われショックを受け、
それ以来整理整頓するように心がけていたのだが、いつもは自己嫌悪にしかならない自分の無精さを今日は肯定してあげたい。
家を出て、すぐに左折したことも、玄関先にあった主のカードにも、無意識に選んだ文庫本にも、
掴まった文章にも、乱筆に綴ったメモ用紙も、全部が意味のあることのように思え気分がよくなる。
頭の中も鞄の中も、煩悩でいっぱいになった頃、地味ながら思いもよらないことがおこる。



posted by 見汐麻衣 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする