2017年01月01日

謹賀新年。

明けましておめでとうございます。
寿司日記をご覧頂いている皆様、皆様にとって「そんなにいいこともなかったけど、わるいこともなかったなぁ、毎日美味しく食事ができて健康で、よく笑ったなぁ」というような、これぞ「普通のしあわせ」というような、
そういう一年を過ごせますよう念力送ります。

□実家に帰省している。
高校の3年間、学校は違ったが毎日会っていた女友達に15年振りに会う。
彼女を待つ間、15年も会っていないのだから、緊張するかしら......などと考えていたのだが、
会ってしまえばなんのことはない。昨日もこうして会っていたかのようにとても自然にあの頃のあの感じだった。友人というのは、いいもんだなと思う。社会にでて、仕事や呑み屋、その都度住んでいた場所で知りあったひとの中にも大切な友人は少ないがいる。それはとても幸せなことだと思っているのだが、退屈で気だるく、不安定このうえない十代の頃を一緒に過ごした女友達というのはお互いの間にわずらわしい仕事の話もなく、利害関係というようなものが一切なく、ただ心配しあったり、馬鹿な話を延々したり、なにもしないことを延々一緒にできる、大人になればなるほどつくることの難しい希有な存在なのだと思う。
数日後には17年振りに中学校の同窓会がある。とても楽しみだ。

■早く起きて、近くの神社に初詣へ出掛けた。
地元の神社は普段閑散としているのだが、今日ばかりは混雑していて活気があった。
おみくじをひく。今年は吉。(去年は末吉、2015大凶、2010〜2014凶)すこしずつよくなっているじゃないか。人様にすぐ、寄りかかりたくなる気持ちが顔を出さないでいいように。独立独歩。健康第一。少しずつ丁寧にやっていこうと思いお賽銭も奮発しお参り終了。車を走らせながら大きな声で無意識に歌っていたのはジュリーの「君をのせて」でした。

□実家に帰ってきてから高峰秀子氏の本を読んでいる。
憧れに似た感情を抱く女性が三人いる。茨木のり子氏、向田邦子氏、そして高峰秀子氏。
もうこの世に存在しないお三方。どの女性も文才に優れ、同じ女性なのにな、自分には備わっていないもの、聡明で強く、愛するものに丁寧で真摯で、生きている時間の隅々まで粗末にしない生き方に羨ましさが募る。
と、いうような話を数年前にも古澤健監督と呑み屋で話したことがあったのを今思い出した。
古澤さんは「いやいや、ミシオさんは深沢七郎っぽさがあるよ。自分の事も他人の事も誰も愛してないっていう。それは愛するって何なのって突き詰めて考えなきゃいけなかったりするけど。タイミングが悪い時に、言っちゃいけない事言っちゃったり、そういう所が深沢七郎っぽいなって。それは、極端に言ったらいつも自分の畑と宇宙の事しか考えてないってこと。」
妙に納得してしまったのを憶えている。
自分の中に枯渇した湖がずっとあり、それは心というものかもしれないのですが、その湖がどうやっても、なにがあっても固くなに満たされることを拒み、むしろ潤いそうになったら自分で湖の栓を抜くというようなことをしてしまう。それが何故なのかをずっと考えているものの、乾いたままでいることが自分のバランスを保つ方法なのかもしれないと思いながら暮らしている。憧れというのはまぁ、理想であり、理想というのは常に完璧でないと嫌なわけで、その完璧さを自分に求めても無理だと思っているので、結局憧れは憧れのまま終わるのだろうか。いや、自分次第か。いまはどうでもいいことね。

えーっと、
今年も宜しくお願い致します。
1月14日(土)@神保町試聴室 新春見汐麻衣ワンマンショウでお会いできれば嬉しいです。
【関連する記事】
posted by 見汐麻衣 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

欲望は砂でできている。


「いや、砂ではなく粘土でしょ。」
と、返された。

「粘っこい土でできてるなんて、あんたの欲は相当しつこい。」と返すと
「砂でできてる欲なんて、欲でもなんでもないじゃんか。」と言われる。
なんだこのどうでもいい会話は...と思いながら酒場を出て友人と別れ電車の中、
「いや、どうでもいいことでもないかもしれない。」とふと思う。
強く望むそれを満たすため、何らかの行動を取りたいと思い、それが満たされたとき、快を感じるとしたら、
満たされた途端になくなってしまう何らかが必ずある。そこには虚しさと寂しさしかない。いや、なにもない。なにもなくなってしまっている。
と、わかっていてもまた、強く望むものがうまれたりする。

「自分の中心に欲を置くのはやめなさい。中心には情だけを持ちなさい。」
幼少の頃、おじいちゃんに言われていた。
どうにも忘れることがなく今日までずっと憶えている。
ずっと憶えていることが時々、今の自分の行いの邪魔をすることがある。
などと考えながら最寄り駅で降りた途端に目に入った男女が、最終電車に乗るか乗らないかでもみ合う様をみて
「いやぁ、欲望は砂でも粘土でもないな...性だよ性。どうしようもないものだよ。
この二人、今からセックスするんだろうな。」と、途端に下衆の思考へ変わる。

品のない思考で始まる週末。
風邪はひきたくない。



posted by 見汐麻衣 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

普通を だれもおしえてくれない。

今月は哲学者、鷲田清一氏の著書月間。

「ことばの顔」「待つということ」
そして「普通をだれもおしえてくれない」
平行しながら再読。

私は物覚えも悪いし、頭はいい方ではないからとにかく本を読む。(ここでは小説の類いは入らない。)
もちろん本が好きというのもあるのだが、もの凄く好きかと言われたら違う。
知的好奇心だけは強いという自負はあるが、ものごとの読解力に長けてはいない。
なので何度も同じ本を読み返すし、ページを捲る速度も遅い。自ら、時間を費やし知ろうとしなければ遠退くばかりの憧れ。
ある人に「説明できないということは、そのものごとを考えていないからだよ。」
と、言われた日があった。
その時は「そんなことはない、考えているけれど、言葉にできない、いや、言葉にする必要のないものというのもあるんだ。」と答えた。
ある人は「そうかな、言葉にできないのではなく、言葉にすべきではない事象というのはあるかもしれない。だけどあなたが本当に知りたいと、真剣に相手に伝えたいと思うものごとなら、言葉で説明できるくらいにその対象を見るべきだし、観察するべきではないかな。」と返された。
「ものごとに適当にピントを合わせたみかた」だけでいろんなことを話す自分がもの凄く恥ずかしく思えてきて、「あぁ、恥ずかしいあぁ、情けないあぁ、今すぐ帰りたい......。」と思いながらも平静を装い酒をグイグイのんでいた。

関心のある〈ものごと〉を、目的の手段としてしか捉えていなかった自分は本当に浅はかだなと思った記憶が蘇る。知るという行為は、自分自身の知的好奇心を満たす為のものであって、人様にひけらかす類いのものではないのに。ハンナアレントという思想家が
「ある目的の為にすることと、それ自体に意味のある理由の為にすることとを区別しなければならない。」と言っていた。効用と意味との区別。

何故か、今思い出した。
以上、乱文御免。







posted by 見汐麻衣 at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

見汐麻衣 2017年 新春ワンマンショウ。


「新春 見汐麻衣ワンマンショウ」
2017年1月14日(土) @神保町試聴室
開場 19:00/開演 19:30
予約 2,500円/当日 3,000円 (共に1ドリンク・スナック込)

出演:
見汐麻衣(Vo/Gu)
野田薫(Pf)

ご予約:
神保町試聴室 
又は
manners_@outlook.com(日程/お名前/枚数を明記の上、送信下さい。)



2009年から自主で発売している見汐麻衣ソロ「ひきがたり」シリーズがあります。
今回のワンマンではひきがたり「1」〜「4」の全曲含め、人前では演奏することのなかった埋火初期の曲や、最近の未発表曲、なども演奏してみようと思います。

皆様のご来場お待ちしております。


ひきがたり1
yjimage-2.jpg
















ひきがたり2
yjimage.jpg










ひきがたり3
yjimage-1.jpg














ひきがたり4(最新作)
Mishio_Hikigatari4_cover.png
posted by 見汐麻衣 at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 見汐麻衣SOLO LIVE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする