2016年09月13日

寿司雑記 9月

今年が終わる....あと3ヶ月で。

今週末より「ひきがたり4」のツアーが始まります。

今年は見汐麻衣ソロツアーとして、
4月には、名古屋、京都、大阪、福岡
7月は長野、福井、富山に行きました。
そして9月、今回は6月に録音したひきがたりシリーズの4枚目をどっさり抱えての「ひきがたり4」発売ツアーです。ピアノに野田薫氏を迎え、女2人旅。広島(ワンマン)、大阪、東京の3カ所です。

広島は二部構成で演奏するので、第一部ではいつものソロもやりますが基本、今回はハンドマイクのみで歌わせて頂きます。これ、すなわち歌手。ギターを持たずのツアーです。
みなさま、各会場にて心よりお待ちしております。

【ひきがたり4ツアー 〜女2人旅〜】

○9月17日(土)@広島ヲルガン座
open19:00/start19:30
ADV\2500/DOOR\3000(共に1オーダー)
「ひきがたり4 発売ワンマンライブ」
出演
見汐麻衣 with野田薫 
この日はワンマン、二部構成(一部:見汐麻衣ソロ 二部:見汐麻衣with 野田薫)でお送りします。

ご予約・お問い合わせ:
ヲルガン座082-295-1553 organzainfo@gmail.com
______________________________

○9月18日(日)@大阪 アオツキ書房
open18:00/start19:00  ADV\2000/DOOR\2500(共に1Dオーダー)
「kazuki hashimotoゴースタテープ×見汐麻衣ひきがたり4リリースlive」
出演
見汐麻衣with野田薫
野田薫
kazuki hashimoto(ex.dOPPO)+稲田誠

ご予約・お問い合わせ
アオツキ書房
TEL 06-6648-8959 
〒550-0014 大阪市西区北堀江2丁目5-10 2,3階
HP http://ao-tsuki.com/ MAIL info@ao-tsuki.com
______________________________

○9月19日(月・祝)@阿佐ヶ谷cafe&ber Roji
open18:30/start19:00  ADV\2000/DOOR\2500(共に1Dオーダー)
「見汐麻衣ひきがたり4 発売ライブ」
出演
見汐麻衣 with野田薫 
GUEST
ゆきこるつこ(松倉如子+熊坂るつ子)

ご予約
阿佐ヶ谷Roji03-6809-2110(19時〜25時)


派手な演出などございませんが、歌にだけ宿る、愉しさ、おかしみ、かなしみというのがあって、そういうものたちがぎゅうううっと詰まったあんな曲やこんな曲みなさまのハートに刺さる一夜にしたいと思っています。足下お気をつけて、ご来場お待ちしております。
posted by 見汐麻衣 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

反省。

誕生日でした。
見汐家では誕生日を祝うというような習慣が全くなかったので、(正月以外はなにもなかった)
大人になってから友人や知人に祝いの連絡や、メールを頂くと本当にバカみたいに嬉しく、はしゃいでしまうところがあり、大人げないです。でも、こんなに嬉しいものなのだなと大人になってから痛感しております。
ただ、「言わなくていいことを口にする、ひと言多い」部分が最近やけに顔を出す機会が多く、自ら愚か者であることを宣言しているようなものでして、ダサい。
大切な人達や尊敬している人達に対してどうも減らず口をたたくところがあり、そういった幼稚な部分を叱ってくれる人や、相手にしてくれている、心の大きな人達に対してもう少し節操ある態度で、接していけるように在れたらと今日は朝から反省ばかりしていました。

本当に不束者ですが、この一年もみなさま、宜しくお願い致します。



posted by 見汐麻衣 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

You & Me

暑い。

こんなに暑いとなにもしたくないと思うのかもしれないが、私は夏生まれなのもあるのか、暑いのがとにかく好きで、午前中は家中の窓を開けて、風など吹く気配もない中、まんじりともせずレコードを聴くのが好きです。
今朝は久しぶりに盤を拭きながら数年聴いていなかったレコードやCDを聴いていました。
あれ、こんなに良かったっけ......。あれ、こんなパーカス入ってたっけ......。と、当時はまったく耳にした憶えのないような音やリズムの発見があり、当時何を聴いていたのかと謎。その中の数曲をランダムに貼っておくのでお茶のお供になるかしら。

Daryl Hall & John Oates - Las Vegas turnaround
the free design light my fire
The New Tweedy Bros! - I Can See It
Penny & The Quarters - You and Me

上記の曲に接点があるとすれば、どれも夏に購入したレコードというだけです。
1998年の夏、福岡の田口商店にて購入
2001年の夏、福岡のボーダーラインにて購入
2003年の夏、中野のピースアイにて購入
2015年の夏、新宿ユニオンにて購入
そんなことよく憶えているなと自分でも思うのですが、私の爺様の影響か、購入した日付と場所をレコジャケに小さくメモする癖があり、売る時にちょっと恥ずかしい思いをするということもあります。

夏よ、終わらないでと毎年思うのですが気付くと秋になっているのが毎度のこと。
あと何回、夏を過ごせるのかなぁ。


posted by 見汐麻衣 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

軽薄のすすめ

古本と新刊を扱っている吉祥寺の本屋、百年へ。
本当にいい本屋さんだ。時間を忘れ背表紙を凝視。本棚の一番下の棚までみてしまう。そして毎回この「一番下」に「いい出会い」があるものだ。探していた本はなかったが欲しい本がたくさんあった。数冊購入し、ひきがたり4ツアーのフライヤーも置いて頂く。(ありがとうございます。)もし見かけたら手にとってください。素敵なデザインですので、是非。

「生きていることは、汚れることだ、ということは生きているうちに次第にわかってくる。
その考えが決定的になったのは戦争のときである。汚れることが厭ならば、生きていることをやめなければならない。生きているのに汚れていないつもりならば、それは鈍感である。」吉之淳之介著「軽薄のすすめ」(角川文庫)

読みながら、幼稚ながらも自分の〈考え〉が決定的になるような経験や事柄がいくつかあっただろうかと思い返してみる。自ら考え導きだした結論(ただ、この時点では仮説のようなものだが)の「答え合わせ」は、気が遠くなるくらいの時間が経ってから訪れることもあるし、そう思った数ヶ月後に「やはり、そうなのだ。」と思うこともある。ただ、これは自分が何かをする時にベースになるルールが増えていくというようなことであるからして、人様にべらべら話す類いのものではない。

自分で考えるということは常に訓練していけばできると思うのだが、考え抜いたことにきちんと、丁寧に向かい合い、それを実践していく事の難しさばかりが増えていく。なにも難しいことではない。考えたことでとてもシンプルになっている筈で、当たり前なことなのに、これができる人、できている人は本当に少ないと思う。自分の周りでも数人しか知らない。
これを難しいと思うことが可笑しなことなのだが、これは多分、質の問題で、私は飽きっぽい性格故、考えたことが途中で自分にとって都合のよいように変換されてしまうことが多分にある。そうすると、矛盾が生じ、考え抜いたと思っていることがいつの間にか頭をかかえる原因のひとつになり、逡巡する材料になり、自分を嘲笑している時間が増える。自分に足りないものばかりをみつけようとする癖も相まって、なにもできなくなる一日がずっと続くことになる。(壮大なただの言い訳のように思えてきた......。)

話が脱線しましたが、軽薄のすすめを読みすすめていると、生きていく中での「汚れかた」も「汚しかた」にも、ユーモアが必要なんじゃないかと思わされる。
自分の器がただの汚濁でいっぱいになるのは御免だと思う。
それによってオボレジヌような人生はもっと嫌だと思う。
posted by 見汐麻衣 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする