2010年05月05日

旨い蕎麦が食べたい。

ライブやったり、行ったり。呑みに行ったりの毎日ですが、曲作りにも勤しんでおります。
大好きな方の新譜のコメントを依頼されたので、聴きまくっています。好き過ぎるとうまいこと書けないものですね。
「いい」としか書けない。。ふむ〜。


ソロのライブ近しい所では2本あります。

5月7日(金) @下北沢CCO
open19:00/start20:00 charge¥1500(+2order¥1000)
 
act▼
冬の踊り子
毛利幸隆(ライスボウル)

ご予約
cco@club251.co.jp
日程/お名前/枚数/電話番号を明記の上送信お願いします。


5月10日(月)@下北沢THREE
open18:30/start 19:00 adv\1000/\1500 (+2d) 

act▼
見汐麻衣(埋火) / ミヤオヨウ(thai kick murph) / 一樂誉志幸(FRATENN) / mmm(マリアハト) / 波多野敦子(triola)
and more(全9人)

*ルール其ノ1* 3人1組で1ステージとする。
*ルール其ノ2* 1人1曲ずつリレー方式で演奏し、合計1人3曲までとする。
*ルール其ノ3* 他者の演奏に参加しても構わないものとする。
*ルール其ノ4* 演奏の順番は当日の本番ステージ上で決めるものとする。


どちらも下北沢にて。7日は久しぶりに毛利君と一緒です。福岡時代、よく一緒に呑みに行ったりライブしたりしてました。ライスボウル新譜もやっと!できたしね。おめでとう!楽しみです。10日はどうなるんだろう?とても楽しみです。
なかなかないことなので是非来て欲しいなと思います。


そして埋火は新作に向け、私は今曲作りばっかりやってます。
やるしかないっぺよ。
posted by 見汐麻衣 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

歌は私のなんまんだぶつ

というタイトルがいいなぁと、ふわっと掴んだ雑誌に目をやるとニカイドさんの文章だった。
全部読んで、なんだか胸が苦しくなって、もっかい読んで今度は唸って、3回目読み終えたら涙が出てしまい、本にポタポタ落ちてしまった。あぁ、お金、、ないのねん。今。どうしよか。店員さんに取り置きお願いしたら、丁寧に対応してくれた。よかった。
他人の涙でふやけた頁に綴られた丁寧な文章に申し訳ないやいやい。ペコリ。


なんとなく、久しぶりにニカイドさんと話したくなったので電話をかけた。留守電だったのでそのまま切った。私が埋火を始めた頃、ニカイドさんはよく福岡にライブできていて、その時の私は、あんなに自由自在に声色を操るニカイドさんを本当に羨望の目で見ており、福岡で会う度に聴きたい事や悩みのようなものをいっぱい聞いてもらっていた。「と、おもった」という曲ができたとき、まっさきに聴いてもらったのはニカイドさん。
「かわいい曲ねぇ〜」と、言われて「かわいい」の意味が全然理解できずしばらくこの曲よくないのか?と悩んだりもした。今思うと些細などうでもいいこと。きっとニカイドさんもそんなこと憶えてないと思う。いや、しかし、歌を唄う人として、当時はダントツで大好きだった。想い出話はもういいか。


歌をうたうってなんやろか〜。とか、ギターを弾くってなんやろか〜。とか、いちいち考えていた季節もあまり訪れなくなったりして。猪突猛進、とにかくたくさんライブをして、曲を作って、そうこうする中でしかやっぱりわかりまへん。経験の中にしか答えはないと思いだしてからは些細な事で悩んだりもしなくなってきたけれど、それでもまぁ色々あるのが人生ですし、まぁまぁ煩悩の塊ですわいや。

自分の体はひとつしかないのだから、あれもこれもは一度にできないとわかっていながらも、やりたいことは沢山あり、その沢山に足下すくわれそうになったりしてたもので、
とっても一方的なんだけれど、ニカイドさんの文章を読んで、当時色々な話を聞いてくれていた頃を思い出して、こりゃいつまでたっても成長できぬようじゃいかん!と、おもった。のです。
あ、なんか、うまいことまとめてしまった感じが嫌だな。。

そんなこんななんじゃかんじゃ。
明日は下北沢CCOで見汐麻衣ソロでライブです!ぜひぜひ聴きにきてください。
posted by 見汐麻衣 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

林静一さん

本日、高円寺にJOJOさん大友さんのライブに行こうと思っていたけれど、数日前から痛い関節が風邪の前兆のように思え、家でおとなしくしております。以前、大友さんにお願いしていたとある音源がはよ欲しい。。。
先月に続き、今月もライブばかりしているので、ポカンと一日が空くと「あれもしたいこれもしなければ」と、思いながら結局昼ドラに夢中になって一日が終わるのは嫌だ!
なので22日にインストアライブで販売してもよいといわれたので、CDR[ひきがたり]をしこしこ作っていました。これで本当におしまいにしよ。もう無理だ。新しいのを作りたい!
22日、渋谷HMVにきてくれる方々、ぜひ買ってほしいです。

いくつか、頼まれているコラムとかを今日は無視しまして、
林静一さんの「モモコさんと僕」を久しぶりに読みふけったりもしております。

book-momoko.gif

福岡の古本屋さんで随分昔に購入し、何度か読み返している一冊。
今でも林静一さんのHPから購入できるみたいです。

読む度にモモコさんのことが、昔から知っている人のような錯覚に陥る。
本当に会った事もないその人が愛しくなる一冊です。

川端稔さんの持っていなかった音源をまとめて購入。
大好きです。全部。音も言葉も曲も全部。いつか一緒に演奏したい。。。なぁ。
ソロで毎回歌っている「ネコウォーク」も川端さんの曲です。

さ、作業の続きしなければ。
最近パソコンに向うと頭痛が酷い。どうにかしたい。
posted by 見汐麻衣 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

立ち読みも贅沢な時間。

お久しぶりです。ここ一週間程、くさくさしております。なのでちょっと一服。
本屋さんで立ち読み。欲しい本がたくさんありすぎて結局どれも買わずに立ち読み。。
本屋さん、ごめんなさい。次こそはいっぱい買いたいと思います。頁捲るときも気を使ってめくっています。なんだ、このいいわけ。

高見順さんの文章だったと思うんですが、(違うかもしれないなぁ。。明日もう一度読みに行ってみます。)「批評すること」について書かれた本を読みました。

奥さんが茄子の苗を植えようと畑仕事をしていると、通りがかりのおじいさんが「苗はそうやって植えるよりこうしてやったがいいんだよ。」と教えてくれて、手伝ってくれる。後日、そのおじいさんがまたやってきて、いい苗を見つけたからとたくさん、良質な苗を選んで買ってきてくれてまた植える。あまりに知識も豊富で詳しく手際もいい。お百姓さんですか?と聞くとこのおじいさんはお百姓さんではなく、別の生業を持った人で
著者も、奥さんも関心する。といったような内容が綴られていました。(すいません、いかんせん立ち読みなもので。。これ曖昧。)

そのおじいさんを見て、著者は
「なんでもそうだが、出来上がった物だけをむしり取って食べるという事は当たり前にやっていることだが、その過程を知りもせず、知ろうともせず、畑にもはいらず、出来がわるいだの、うまくないだの、言うのは簡単なことだ。
実際にやれずとも知ろうとする事は大事なことであり、知っているからこそ言える、書けるものこそ本当の批評なんではなかろうか。」というような事が綴ってあり、
私は、だいたい批評など書く機会もないですが、寿司日記につらつら書いている事の殆どが感想のようなものでしかない故、「感じたこと」を書く事と、「それ、そのもの」について書く事は異なることなのだと、改めて気付き、また、著者が、おじいさんをみてそう思ったという部分に、その目線に、いたく感動しました。感動?関心。かな。

言葉を綴るというのは本当に、なんというか、真っ白い紙に、問題を埋めて埋めて埋めまくっていき、真っ白な用紙が問題で埋まってしまうかという頃、その問題自体から答えのようなものがポワンと浮んだり。はたまた、問題をいっこかいたまま、あくる日それを覗くと白紙の部分に答えのようなものが見えたり。

綴られた言葉自体からは電波のようなものが出てて、その電波の波長が、それを読んで、読み終えるまでに自分とピタッと重なったとき、全体が解る気がするんだよなぁ。。

「詩」だって、意味が書いてあるわけじゃないし、文字も音符のような時がある。
詩とはなにか?とか、○○の意味は?なんて問われたら、それを「説明する為の記号と化した言葉(文章)」があるだけで。

んー?何を言っているだろう。。。。

くさくさしている理由が、新曲を作りながら歌詞がなかなか浮ばないというのも大きく、
こんな内容になってしまった。

言葉を綴るのも、野菜が育つのも、何かが生まれるまでのその過程は全部一緒のよな気がします。





posted by 見汐麻衣 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする