2020年06月30日

2020年6月30日(火)「シャムキャッツ」


2009年「はしけ」がでた頃に知り合って、なんとなく縁があって、夏目君とは特に、音楽の話しをするよりも「バンド」の話をすることが多かった。もっとこうした方がいい、ああした方がいいなんて事を偉そうに言ったこともあったし、四人それぞれのキャラクターを近からず遠からず眺めるような距離に居たからか、その都度感じるものがあり、夏目君の言動行動に違和感を感じたりすると老婆心から口を挟んでいたこともある。昨今、こんなにバンドバンドしたバンド、居ないなと思っていたことも多分にある。バンドが徐々に成長していく過程の中で、激流に突っ込んで行こうとする時期さえも、このバンドはきっと大丈夫!怪我した箇所を治癒する間こそグンと成長する人達だから(怪我の功名とはいえ、つまり頭がいい)、何ならもっと大怪我しなはれやなんて本気で思っていた。それは私自身がシャムキャッツと言うバンドのことが大好きで、出会った当初から気掛かりで(これは昔夏目君にも言ったけれど)自分の理想とする「バンド」が目の前に現れたからなのだと思う。(4枚目のアルバム「Friends Again」は特に大好きだ)みな一様にバンドに対する考え方があると思うのですが、私は常々「本気でバンド組めるのは人生で一人一度だけ」説をずっと、場末の酒場で唱えている。酔った中年の戯れ言だと思われがちだが、そんなこたぁない。「バンドをまだ組んだこともない時、最初に誰と出会い、誰とバンドを組むか」自分の人生を変えるくらい大切な出会い程、足音一つ立てずやって来る。まぁひとつの人生を青春をどのように過していくかの分岐点だったりする。人によっては人生狂わせるきっかけにもなり得るし、大きな収益を手にすることもあるかもしれない。元来水商売とは先の見えないものだろうけれど、最初に組んだバンドと、それ以後に再びバンドを組むことには大きな違いがある。バンドを組まずに音楽をやることだって出来るのに、人はつい、バンドを組んでしまう。何故ならバンドは最高だからだ。そして最低でもある。いい悪いではない。話が逸れた。

一緒にツアーを回ったことや、企画に呼んでもらえたこと。随分昔の話だけれど、こちらのやっている事を突き上げてくれるような、少し口悪く言うとケツを蹴り上げてくれるような出会い方をしたのがシャムキャッツでした。2010年当時悶々としていた自分のバンドのことがあり、風通しの少し悪くなったバンド内の空気の入れ替えに一役買ってくれた。あのエネルギッシュで無敵でギャンとギターが鳴ればロックじゃん!ウヘヘ!と言うような、20代前半の四人組と出会わなかったら、バンドだけが作ることのできる音楽の不思議に改めて胸がときめくこともなかったと思う。「経験」は、積めば積むほど必然的に大差が生まれるものかもしれないけれど、音楽そのものに先輩後輩のようなものは一切ないと思う身としては最後まで刺激を頂きました。
5月の後半。「解散するー」と聞いてまず最初にひとこと「淋しいやぁね...」と返した。
けれど、解散する側としてはやることやった!次!と思うのが普通だろ。そしてそれは新しい始まりでもあるのだからよく考えたら淋しいことではない。まぁ、私はシャムキャッツではないので、いちファンとしてやっぱりどこか淋しいと言う気持ちはあるけれど、継続のためだけにだらだら続けられて、こちら(客)がバンドの(音楽も含め)いいところを必死で探さなきゃいけなくなるような醜態を晒されるより健全で清いと思う。


今月、箸を握るのも億劫なくらい鬱々としているのですが、久しぶりにパソコンの前に座り、こうして綴っているそのきっかけがシャムキャッツの解散についてなのは、何か私もひとこと言わせてくれよと思う気持ちが溢れたからです。最後までシャムキャッツは名前の如く、気まぐれな猫のようでした。シャム猫って古風な外観と自己主張が強い性格をもった猫で注目を集めれば集めるほど生き生きと輝き最もよく鳴く品種として広く知られているらしいので、名は体をあらわすぅ〜!と思いました。バンド名ってほんと、大切。ありがとうシャムキャッツ。愛を込めて。









posted by 見汐麻衣 at 19:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: