2018年04月29日

5/2 O-NEST

明後日になりました。

<見汐麻衣 ”うそつきミシオ” TOUR2018 東京編>

5月2日(水) @渋谷TSUTAYA O-nest

open18:00/start19:00

adv3,000/door3,500(+1D)

・見汐麻衣
 BAND SET
 【見汐麻衣(Vo,G)坂口光央(Key,syn)池部幸太(B) 光永渉(Dr)潮田雄一(G)野田薫(Cho)】

・Taiko Super Kicks

・ハト
 【mmm(Ba.Vo) 高橋洋成(Dr) 柱谷(Gu)】
サポートメンバー:
山本紗織(フルート)&會田純那(オーボエ)&大久保淳也(サックス/シンセ)


チケット予約
・ぴあ:Pコード【110-031】 ・ローソン:Lコード【75950】

・e+購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
   http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002252945P0030001

・オフィシャルHP:info@mishiomai.com(日程/お名前/枚数を明記のうえ送信下さい。)




◾️去年11月にソロ1st Albumを発売して、今年1月からソロ・デュオ・トリオ・そしてバンドセットという形態でツアーを行ってきました。
富山、金沢、北海道、仙台、福岡、広島、名古屋、大阪。久しぶりの旅でしたが、今までと違うのは自分が歌う、演奏するということに対して「今日が最後になってもいいや」と思いながら毎晩演奏していたことでした。
どうしてそういう事を思うようになったのか、当初はネガティブな理由が多くあったのですが、そう思うようになってから毎晩のライブを終えた後「あぁ、楽しかったなぁ」という気持ちより、「今日も歌えて本当によかったなぁ」と思うこと、それから「この曲をお客さんが聴いてくれて本当に嬉しいなぁ」という気持ちが昔より自然に湧くようになりまして、それはひとえにお客様、聴衆に対しての自分の意識の変化なのだと気づくのですが、お客様の数ではなく、音楽を、演奏を、歌を聴きにきてくれた方々ひとりひとりの心持ちが演奏をすすめていくにつれステージにも伝わるものだと痛感する夜がツアーの中でいくつもあり、そう感じるようになってから「あぁ、もう今日が最後になっても全然、いいや」と思う気持ちは同じなのですが、その理由がとてもポジティブな理由に変わっていました。

試行錯誤して、時間をかけて、考え抜いて出来上がったアルバムだとしても、結局、聴いてもらえなければその曲達はすん止まり、泳ぎまわることもできないと、完成した時から成長していかないのだなと思えば思うほど、親心が疼くといいますか、「聴いてほしい」という欲ですね、欲が湧くようになっています。それはカバー曲を歌わせて頂く時も同じ気持ちです。

5/2は前回の大阪以来、都内では久しぶりのバンドセットです。
やはりバンドはいい。バンドメンバーの演奏に負けてられないと思う気持ちが沸々と湧く程、バンドセット今とてもいい感じです。
この日がツアー最終日となります。続けていれば全ては過程。その一夜を是非皆様に観てほしいです。
共演のハト、Taiko Super Kicks、三者三様の夜でございます。
4/21に発売した7インチも販売します。

心よりお待ちしております!


5・2.JPG見汐ソロ7インチ_A面.jpg
posted by 見汐麻衣 at 20:22| Comment(0) | LIVE情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: