2017年01月03日

正月寿司雑記

先日購入した古本の中に葉書が挟んだままになっていた。
男が恋人に対して送った葉書。
最後に「今日までありがとう。お元気で。崇 S49.10.23」と書かれてあった。

こういうことは初めてではない。
13年前位前だろうか、福岡は西新にあったデパートで古本市があった。
そこで購入した本には500円札が2枚と手紙がはさまっていた。
香川県の古本屋で購入した本にも便箋が挟まっていたことがある。
隠したいものや、大切にとっておくのも違うが、捨てるには忍びないものを本に挟んで仕舞うというのは人の習性なのか。持ち主にさえ忘れられ、長い時間を巡りに巡ってふいに他人の手に渡った物の所在なさ。
結局どうすることもできず、本の中にしまったままである。
それから、本に挟まったままの手紙というのは、往々にして達筆、線が細い、筆圧が弱いのは何故か。
たまたま私が手にしたものがそういうものばかりだったのか。
文字に覇気がないのである。そしてそのどれも男が女に宛てたもの。
ひとつだけ、女が男に宛てた恋文というのがあった。
それはもう筆圧が強い。思いの丈が便箋のうらっかわにまでめり込んでいた。指でなぞってもわかるほど。
ド直球の想いをなんのてらいもなく投げつけている。
私だったら他人に見られようものなら恥ずかしくて死んでしまいたくなるだろう。

男が女に宛てた手紙はどれも万年筆で綴られたであろうものだった。
男は想いをしたためるのに、文章も手紙全体の雰囲気さえも演出しているように思える。
いつか誰かに見られてもはずかしくないように。
そういう部分に気付いたとき、男の繊細さというのは厄介なしろものだなと思う。
思うのだが、その厄介な繊細さを持ちあわせた人が生み出す映画や小説音楽などに感嘆し、影響を受け、鼓舞するのだから、まいってしまう。
いちばんはそういう男と付き合わなければいいだけの話である。
本の間に挟んで、しまっておきたくなるような手紙を書かない男が、いい。

















posted by 見汐麻衣 at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443035723

この記事へのトラックバック