2010年03月05日

マルサの女。

伊丹十三さんを知ったのは小学生の頃。
母は呑み屋を経営していたのでまぁ毎晩家にはいないわけで、どの夜だったか、深夜帰宅した母が、映画観るぞ!と、私を無理矢理起こし、何故か一緒に「マルサの女」を観た。
そもそも、7歳や8歳の子供にマルサの意味も解るわけがなく、冒頭いきなり女の乳をしゃぶる爺さんの画図らを深夜、ねぼけまなこで観せられる子供の心情をこの人はどう思っていたのだろうか。謎だ。
しかし、子供ながらに映画の内容がなんとなくしかわからずでもそこに垣間みるブラックユーモアや、(当時はそんな言葉はわからないからもっと大人のグロい可笑しさくらいに思っていた。)ちょっとした可笑しさ切なさなんかが、子供の自分からすると「大人のいろいろ」が充分におもしろおかしく観れて「へんないい映画だなぁ」と思っていた。
観終わる頃にはもう朝で、私はそのまま学校に行ったように思う。


同じ夜、母が店の女の子達の給料であろう現金を机にドバッと並べ、「これを30枚ずつにわけて。」と言う。私はひみつのアッコちゃんを観たいのに。。
しょうがないので言われるがままに分けた後、突拍子もなく「この30枚、重いか?」と、私に問うので「重くない。」と答えると「なんもわかっとらんねぇ。」と返された。
あぁ、大人っていろいろ大変なんだなぁ、、とその時も思ってたと思う。大人は別の生き物だとさえ思っていた。当時。


その後も立て続けに伊丹十三さんの作品を観せられた。というか、一緒に観ていた。
通して観ているうちにこの映画を撮ったおじさんに会いたいなぁと思うようになっていた。
それくらい、いつのまにか大好きになっていた。
母ちゃんの店に呑みにこないかなぁ、、とも思っていた。いやくるわけがないのだけど、小学生だから。そう思ったりもしたんです。
高校生になった頃、伊丹十三自殺という記事を見て、「あんな映画撮る人が、不倫がわかったくらいで自殺なんかするんだろうか?」と凄く違和感を感じた。
その後、伊丹さんの本も読むようになった。博学で、文章も面白い。インテリだわ。気難しいそうだけど、可愛い所もあるんだわ!知れば知る程なんていい男なの!と、思春期の私は少し恋心さえ抱いていた。

今、また観直しているんですが、あの当時の出来事なんかが蘇ってきたもので、つらつら書いてみただけのことです。
ほんで今観てもやっぱり最高に面白い。
母よ、ありがとう。

pha.jpg
posted by 見汐麻衣 at 04:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちわ!見汐さんおひさしぶり〜です。
ワスも伊丹十三めちゃんこ好きです。
松山の伊丹十三記念館、良いですよ!機会あれば是非!
Posted by 鈴木裕之 at 2010年03月13日 12:28
にゃ〜!コメントありがとう!
そこね、行ってみたいの!松山のローカルCMにも昔でてるのよね。伊丹さん。構成もなのかな?面白い!
呑みにいきまひょ。ひょひょよよ〜。
Posted by ミシオ at 2010年03月15日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142786653

この記事へのトラックバック