2019年03月06日

ただそれだけのこと。




3/20(水)福岡でトークショーに参加することになった。
橋本倫史著書『ドライブイン探訪』発売にあたり、橋本さんからトークの相手にと、オファーを頂いたからである。
東京で数回行われている氏のトークショウのお相手は著名な方々ばかりであった。知識も話題も事欠かない方々だっただろうと思うと
こんな、しがないワタクシで(自己卑下しているつもりは一切なく、足を運んでくれる方にしてみれば「お前、誰やねん」だろうと素直に思うので)大丈夫なのだろうかと、引き受けたわりに、不安が募っている。


⬜︎

2009年、当時私は高円寺にあったSUNRAIN RECORDSという店で店番をしていた。委託で取り扱っていた本の中に『HB』というリトルプレスがあった。暇な時にそのサンプル本を読んでいた。その時はその本を作った方々の中に橋本さんもいたということは知らなかったが、読み物として大層面白くよく目を通していた。それから数年後、橋本さんよりメールが届く。新しく始めた『hb paper』というリトルプレスがあり、その中でエッセイを書いて頂けないかという依頼だった。その時のメールのやり取りで『HB』を作っていたのも橋本さんだったことを知り、また『HB』を読んでいたこともあり、受けるか否かなど考えることもなく「考えない記憶」というエッセイを寄稿したと記憶している。

その後、親交があったかといえばそうではなく、友人のライブや自分が演奏するライブ会場でお会いした時など、軽く会釈をするくらいだったのだが、2017年から高円寺円盤で始めた「うたう見汐麻衣」という企画に幾度か来場して頂いており、何回目かの夜、リトルプレス版『月刊 ドライブイン』をいただいた。これが大変面白かった。他のも読みたいと思い、中野にあるタコシェに出向き購入した。





今年に入って月刊ドライブインが本になることをSNSで知った。そして今月、橋本さんよりトークショウの依頼を頂いた。
2011年、最初にドライブイン巡りをした際、繰り返し聴いていたのは埋火(当時私がやっていたバンド)のアルバムで、「うたう見汐麻衣」に足を運んで歌を聴いている中で〈誰かの人生について思いを巡らせること〉についても考えてきたように思うという旨が書いてあり、自分の作ってきたものがこう言った形でレスポンスを受けることなど考えてもいなかったので単純に驚いた。それから「ありがとうございます」と思い、今回のオファーを引き受けることにした。のだが、時間が経つにつれ冒頭にも書いた「大丈夫なのだろうか......」という気持ちが日に日に強くなる。
人様の前で話をするという事が、内弁慶(かつ、いいカッコしい)の私に出来るのかと思うと、暗い気持ちにさえなっており、それならば、当日足を運んでみようと思ってくださる方々に少しでも前情報として、雄弁な自分に酔える此処、寿司日記に綴っておこうと思った次第であります。


今回の企画にあたり、橋本さんが文章を書かれている中に、埋火時代の曲「エンドロール」の歌詞につて少し触れられています。

「エンドロール」の始まりはこうです。

経ち疲れて 朝のねごと 終わったこと
すべてはただそこであったこと ただ それだけのこと



『ドライブイン探訪』を読んで感じたこと、全てにおいて「ただ それだけのこと」と思う自分の胸中にあることなど、素直に話すことができればと思っております。橋本さんと、橋本さんの著書を介し、お会いできることになる皆様、楽しみにしております。


【福岡 橋本倫史 × 見汐麻衣 トークショー】

日時:2019年3月20日(水)
開場:19:00(21:00終了予定)
場所:本のあるところajiro(〒810-0001 福岡市中央区天神3-6-8 天神ミツヤマビル1B)

参加費:1000円


出演:
橋本倫史(『ドライブイン探訪』著者)
見汐麻衣(歌手/ミュージシャン)


ご予約:こちらをクリック

お問い合わせ:ajirobooks@gmail.com(担当:藤枝)









翌日、ライブもあります。

急な相談にも関わらず受け入れてくださった古本屋徘徊堂のご主人、企画も含め色々とお世話になっているハルコさん、共演の藤井君。
ありがとうございます。前売・当日料金は同じです。ご予約など承っておりません。お時間許せば是非、いらしてください!

朋友、藤井君も出演。嬉しい。この日はアコースティックセットです。
生歌、生音も久しぶりです。お待ちしてます!


「ミシオとフジイ」
日時:2019年3月21日(木・祝)
場所:福岡 徘徊堂別府店(福岡市城南区別府1-4-15)
開場:13:30
開演:14:00 終了予定16:30
料金:1500円

出演
見汐麻衣
藤井邦博(魚座)









posted by 見汐麻衣 at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする