2018年03月28日

あれこれ見つけるんじゃなく純粋に感じてみてもいいと思う。

「anone」全話終わってしまった。寂しい。
他人と他人が心をかよわせていく過程を、
この世で暮らすみんながきっとそうであるように、日々は劇的に変わるわけではなく平等に与えられた果てしない「時間」を共有する中で深く広く浸透していく関係性が生まれ続いていき、築きながら人間同士の「心の機微」というものは大きく変化するのだということも、目に見えないまま進化したり崩壊したりすることもあるし、また、そこに愛というものが生まれ、その不確かな愛というものさえ「確かに在る」と感じる瞬間が訪れるとすればその根拠はなんなのか、それは何処に点在するのか、またどの瞬間に顔を出すのか。
10話という時間を費やしこんなにも丁寧に見せてくれたドラマ(しかも民放で)、昨今なかったと思います。
わたくしは毎回感嘆しながら観ておりました。
wowwowだけじゃない!民放!いや、日テレありがとう。イチ視聴者として毎週テレビの前でうーむと唸り、涙を拭き、テレビに向かって独り言を放ち、一喜一憂させてくれた、いい作品でした。

よく思うのですが、連続ドラマは3ヶ月ではなく6ヶ月くらいあるといいのになと思うことがあります。作品にもよりますが。「北の国から」が連続ドラマとして24話あったように、今ではそんなに時間とお金をかけれないものだとしても、今そういうものがあればいいなと「anone」を観終わった後に思っていました。

スパンスパンと物事が進み、解決されるものではないドラマもあっていいと思う。最初から全てに意味や伏線があると思わなくてもいいじゃないかと。「考えるな、感じろ」と、ブルースリーも言ってたよ。まず感じないと、考えるところまで及ばないこともあるんじゃないかなぁと。
「北の国から」のイカダ大会の回なんて最高じゃなかったですか?あんな、ずっと手作りイカダに乗って川を下るだけの回。最高ですよ。
話が逸れましたが、10話しかない中で、これだけ丁寧に心の機微と出演者みなの人生の光と影、少しずつそれぞれがそれぞれに影響を与え、変化していく様を観れて、最終回を観終わった後、坂元裕二さんが「今」こういう脚本を何故書いたのだろうか?ということを考えています。
時間がゆっくり流れるドラマ、展開の遅さ、隣町か隣の駅か、実際にこういう暮らしをしている人がいそうな内容。当たり前すぎて、ドラマにもならないドラマ。
リアルが故にドラマ越し、自分の生活や人間関係が平穏で当たり前でそれがいかにドラマチックなものなのかということをですね、思います。
posted by 見汐麻衣 at 12:33| Comment(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする