2017年05月22日

紙と鉛筆、時々インク。

今週末、2本の演奏あります。

5月25日(木)@高円寺円盤
「うたう見汐麻衣」
START20:00 Charge¥1,500(1drink付き)
出演:見汐麻衣(歌)野田薫(ピアノ)

2回目の夜は「平岡精二の楽曲をうたう」です。数曲やります。

詳しくはこちらを読んでいただけたら嬉しいです。→うたう見汐麻衣


5月28日(日)@八丁堀七針
「mai mishio presents うたのしおり7」
開場18:00/開演18:30 予約2,500/当日3000
ACT
見汐麻衣
GUEST ACT
百々和宏(MO'SOME TONEBENDER)

ご予約は八丁堀七針までお願いします!yy@ftftftf.com (日程/お名前/枚数を明記の上ご送信ください)





■暑くなってきて、用事がない日はますます家から出ない日が続く。
また本ばかり読んでいる。あとは歌詞を書いている。
鉛筆を削って、紙に書く。何もできなくてもとにかく書く。書いて考えて、考えて書いてこれが何になるのかと一瞬嫌になってバカみたいだなと思って書く。誰かに期待されたいと思い書く。誰にも期待されなくてもいいやと思い書く。鉛筆で、左の手の側面が真っ黒になった時の心地よさ。その匂いを嗅ぐために書く。目的なんてなくっても書く。パンチラインが欲しいと書く。時々、人の歌詞や文章を模写して書く。そういう時はインクで書く。
インクで書くのと、鉛筆で書くのと、全然違う。一行でもいいから書くというのは大切だとこの頃は特に思う。

posted by 見汐麻衣 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする