2016年05月23日

アル中ハイマー

と、いう造語を作ったのは山田風太郎氏だったと思う。
気になって、山田氏の随筆「あと千回の晩飯」(朝日文庫)を読む。
やはり、そうだった。アル中ハイマー。最近お酒を呑みながらふとこの言葉が浮かぶ。そして一人で苦笑してしまいます。

本を読み直していて、下記の文章に掴まる。
「(前略)自分と他者の差は一歩だ。しかし人間は永遠に他者になることはできない。自分と死者との差は千歩だ。しかし人間は今の今、死者になることができる。」
「私に〈あの世〉への親近感などない。それはないがこの世への〈違和感〉ならある。いわゆる厭世観(ペシミズム)というやつか。ただし、ほんのちょっぴりとだが。ほんのちょっぴりだが、この深層心理が私に平然と煙草をのませ、大酒を呑ませる原動力となっているようだ。」
著者は自分のことを「意識の底にいつも死が沈殿しているのを感じている人間だ」と、書いている。
何の外因がなくとも、生よりも死に憧憬を強く抱く人間がいるんだということは、今ならなんとなくでしかないがわかる。そういう気配を漂わせている人というのは確かにいる。そういう人と話していると、この世を浮子のようにプカプカと浮くことはせず、流されることもせず、常人には大抵理解できない思考でものごとを見て、感じている気がする。それはきっとものすごい労力なんじゃないかと思う。身体を使う労力とは異なる、考える労力。
「なんであの人が......」と皆が驚くような人が自死を選択するのをニュースや身近でもいくつか聞いてきた。
きっと常人にはわからないものなのだと思う。悲観などではなく厭世観によってそれを選んだ人の思考や気持ちなど、理解してもらいづらいだろうし、理解するなどという類いのものではないとも思う。思うのだが、個人的にはこの世に絶対的な絶望だけを感じとってしまっても、死にきれないという人の方が愛しいと思ってしまう。可能性や希望なんていうまやかしの言葉はもう信じてもいないけれど、地獄は地獄と腹を据えて仕方なくでも生きている人の方が愛おしくないですか。
そして私ときたら悪趣味かもしれませんが、そういう人に憧憬を抱いてしまいます。






posted by 見汐麻衣 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする