2016年03月14日

画にもかけない。

中川一政を知ったのは高校生の頃。向田邦子の本の装丁かなにかだった。
また、向田氏本人が中川一政の「もうわれはだめだと思う時もある。やってゆこうと勇む日もある。」と讃をした画の前でマミオ(猫)と戯れて映っている写真を見てからその画が気になり、中川氏の本を購入するため本屋に走った。

今、『画にもかけない』(講談社)を久しぶりに読み返している。
17,8の頃にグゥときた内容に36になった今でも同じようにグゥゥゥときてしまう。当時から変わらないままに在り続ける不安定な心模様に、あの頃と同じ鮮度を落とす事なく真っすぐに響いてくる言葉というのは〈何〉でできているのだろうかと考える。

NHK教育テレビ「こころの時代」で放映されたものを書きおこししたサイトをみつけ読む。
おのれを無にして知る美しさ
日本画家、小泉淳作氏の話を読みながら何故かふと、「運鈍根」(意味:物事を成し遂げるには、幸運と鈍重と根気の三つが必要みたいな事だった筈。 )という言葉が浮んで、そんな言葉どこで知ったのか、それを今度は思い出そうとして頭痛に変わる。自分の想いや考えに従うことをためらって、疑ってを繰り返しているうちに人生終わってしまうものなのだ、いいや、そうではない!自分の想いに従って、戸惑わずにやるだけなのよと、どっちつかずでいつもこのふたつの想いの中を行き来しているうちにうかうか三十きょろきょろ四十、やっぱり人生あっというまじゃないか!と頭痛が増す。ただ、こういう気持ちの往来の中でしか生まれない「美しさ」もあると思っていて、それは記しておく必要がない人にとっては本当にどうでもいいものかもしれないが、私にとってはいっけん無駄に見えるこの感情のきれっぱしから瑞々しい点が打てることもあると信じてそれにすがってばかりいるのもどうかと思うのだが、中川氏の本を読みながら毎回このような有り様の自分をなんとか肯定させてくれるので時々は読み返すようにしています。
かけないものをかこうとするその行為の過程で人生終わるとわかっていても、やめられないものってあるんだよな。


posted by 見汐麻衣 at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする