2016年02月01日

夜へ急ぐ人。

いつどのような状態で聴いても、この曲が流れると(聴いてしまうと)目から水がとまらなくなる現象がおこる曲があります。最初に書いておきますが、「好きなもの(人)を熱く語る人達」というのが苦手なのですが(私論、俺論みたいなやつ、だいたいそういう人に限って話をきいていると自分がどれだけ好きなのかの感想だけで批評性も考察もされてなく期待していた分きいていてがっくし......と思う事が多い。)
苦手なのですが!言った側から私はそれを、その苦手なやつを自分で書きます。

最初に聴いたのは小学生の頃。
友川カズキファンだった叔父の部屋でちあきなおみが歌うこの曲が流れてきた。
私は胸の慟哭を押さえきれず、号泣し、叔父に「怖かったね笑」と言われたが、怖いという感情等ではまったくなくレコードから流れてくるちなきなおみの「もっともっともっと欲しいんだ!」というような叫びに圧倒されたというのか、「もっと私の飢えを満たしてくれるような曲を!私を壊して!」と言わんばかりの圧倒的な歌唱に卒倒するかと思った。「四つのお願い」のような歌謡ポップスを歌うちあきなおみを観ていると虚しい気持ちになってしまう。とってもいい曲なのだがこういう曲は外連味で押し通せるような所詮ちょっと歌の旨いアイドルなんかが歌ったほうがグッとくるんじゃないかなんて聴いていて(偉そうな物言いですいません)思ってしまう。
人様に言われなくとも痛感、認識している「ブルースが全くない」私からしますと(それは結局、生き方そのものに陰影が少ないということにもなり、根本的な自己否定にもなるのですが!)一生うたえないようなうたをサラリと歌っているようにみせている自己演出も含め、私の中でちあきなおみは超人間なのであります。ドラゴンボールで言ったら生まれたときからスーパーサイア人です。圧倒的な歌唱とかそういうもの以前、以上の何か。その何かはやっぱりブルースなんじゃないかと最近思うのであります。それは技術で得れるものでもないし、飼いならせるものの類いでもないと思うので、
(復活なんてしないとわかりきっているんですが)もしも願いが叶うなら、ちあきなおみのコンサートを生きている間に観たい!と切に思うのであります。(日本語詞浅川マキによる「朝日のあたる家」なんかはもう......目線だけで歌っているかのような。)

posted by 見汐麻衣 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

ふぞろいの林檎たち。

DVDでみております。
これからレンタル地獄になるんだなと思っています。
(北の国からもそうでした)

おもしろい。
posted by 見汐麻衣 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

どうでもいい雑記。

電車。乗車。各駅停車3駅目のホーム鉄柱にみのむしが落ちそうになりながらぶらさがっているのが目に入る。
みのむし、久しぶりにみたなぁと思いながら、木にぶら下がることもできないそれが痛々しく感じ、深いため息がでる。いや、別にみのむしの気持ちになんて一切なれないが、本来しっくりくる場所に在れないってなんだかなぁと。ただ、それだけのこと。
鉄柱にぶら下がっていたみのむしがあえて木にぶらさがらないことを選んでそうしていたとしたら、
と、ふと考える。いや、別にみのむしの気持ちになんて一切興味もないが、新しい場所をみつけたいって思ってるのかなぁと。どうでもいいことを考えておりました。




posted by 見汐麻衣 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

かさぶた。

怪我をして治りかけのかさぶたを見つけるとついつい剥がしてしまう。剥がした瞬間に後悔する。
そうしてなんどもなんども同じ事をしていると、綺麗に治らず痕が残る。忘れた頃、季節の変わり目や気温の変化に伴い疼きだしたりもする。そのとき、改めて更に後悔する。
自分の〈暮らしかた〉も同じ。今朝起きて、布団の中でグダグダしながら真っ先に思ったこと。

______________________________________________
□お知らせをひとつ。
高円寺円盤の漫画雑誌創刊されました。
「COMICミツザワ創刊準備号」500円(税抜き)
飯田華子、つるんづマリー、こいけぐらんじ(シラオカ小池喬)、エーツー、ペリー(初恋レコード)、酒井己詳、アニュウリズム、ゑでぃ鼓雨磨(ゑでぃまあこん)、深浦亜希(絵)、北村早樹子(小説)、見汐麻衣(エッセイ)、フローズンマリー(三宅ヤスコ)の占い...などなど。

見汐はエッセイで参加しました。
高円寺円盤にてご購入頂けます。
posted by 見汐麻衣 at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする