2016年01月09日

「粋」の構造/九鬼周造

□「いき」の構造 著者九鬼周造

読みはじめる。面白い。

「この書は雑誌『思想』第九十二号および第九十三号(昭和五年一月号および二月号)所載の論文に修補を加えたものである。
生きた哲学は現実を理解し得るものでなくてはならぬ。我々は「いき」という現象のあることを知っている。しからばこの現象はいかなる構造をもっているか。「いき」とは畢竟ひっきょうわが民族に独自な「生き」かたの一つではあるまいか。現実をありのままに把握することが、また、味得さるべき体験を論理的に言表することが、この書の追う課題である。昭和五年十月 著者」

これから読むところです。

本を読める時間がもっと欲しい。
CDをリリースしてもらっているP-VINE RECORD担当S崎氏と本の話をしていたとき、
宮本輝氏が好きだという話でうっすら盛り上がった。自分以外で「星々の悲しみ」が好きだという人に初めてあった。こんな近くにいたのか。


■正月を迎えてまだ一週間しか経っていないのかと何故か今日は落ち込む。もう随分前に感じる。


以上、走り書きの雑記。
posted by 見汐麻衣 at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

BREAKWATER



今日はコレを聴いてビールをのみながら明日のライブに備えます。
みなさま、UFOCLUBでおまちしております。

明日きて頂ける方も、来れない方も21日は渋谷7th floorでもmanners企画あるので是非!

それにしてもこのジャケ大好き。ウラジャケもいい。

posted by 見汐麻衣 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

MANNERSでの演奏。

昨晩ご来場いただいた皆様、U.F.O.CLUBスタッフの皆様(いつもありがとうございます!)それからシャムキャッツのみなさま、ありがとうございました。
MCとなると人前で饒舌に話せないのがほんとうにどうしたものかと思うのですが、昨日はとても楽しかったです。次回のMANNERS LIVEは1月21日(木)@渋谷7th Floorでの自主企画になります。

約2年間くらいでしょうか、サポートメンバーとして一緒に活動して頂いた坂口光央さん、亀川千代さん、あだち麗三郎さん、このメンバーでの演奏はひとまず21日でひとくぎりとなります。MANNERSを始めてからというもの、お世話になり放題、色々なことを教えてもらいながら相談にものってもらったり、頭があがりません。
21日はできれば多くの方々に演奏を聴いてもらいたいと思っています。

寿司日記をご覧のみなさま、是非お越し頂ければ嬉しいです。
会場でお待ちしております。

MANNERS presents
「MANNERS×吉田ヨウヘイgroup」
2016年1月21日(木)前売\2500 / 当日\3000 (共に1D別)
@渋谷7th FLOOR 開場19:00 / 開演20:00
ACT:MANNERS
GUEST:吉田ヨウヘイgroup

【ご予約】
渋谷7th Floor店頭/電話(03-3462-4466)
MANNERSメール予約:こちらからどうぞ。
(日程/お名前/枚数を明記の上送信して下さい。)

※入場順 1.店頭 2.電話予約/メール予約
posted by 見汐麻衣 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ラジオ

TBSラジオ「菊池成孔の粋な夜電波」の過去の放送を聞いています。
以前、ラジオで「脱いでいくエロさより、着用していくほうがエロいじゃないですか!」というようなことを話されていて、同じようなことを考えている人がいるのか!と、布団の中で深く頷いた夜がありました。
下衆ですいません。
菊池さんセレクトの音楽も深夜に聞くには最高です。

Eric Dolphy The latin jazz quintet - Mambo ricci



毎週楽しみにしている何かがあるというのはいい。

それとは関係ないですが、最近映画のサウンドトラックを聞きなおしており、ビッグバンドでの演奏や、歌のないもの(映像の為の音楽)を聞いていて、今の気分に一番しっくりきます。
ベルナルド・ベルトリッチ監督「ラストタンゴ・イン・パリ」音楽はアルゼンチンのガトー・バルビエリ
デヴィッド・リンチ監督ではお馴染みアンジェロ・バダラメンティ「ブルーベルベッド」は映画も最高ですが、サントラも最高だなと思います。デュラス愛の最終章(婆様と青年の恋愛映画)映画は個人的にイマイチでしたがサントラは好きです。トニー・ガトリフ監督の「僕のスウィング」サントラもいいです。

話はとびまずが、男女のツインボーカルっていいなぁと。友人に教えてもらいよく聞いているものがいくつかあり、男女が一緒に歌うというのは(フォーク音楽ではなく)なんでしょうか、これもまた今の気分なのかもしれないのですがグッときます。

最後に、色んなアーティストのBOX SETを聞き直す週間でもありまして、ベルベッドのピール・スローリー・アンド・シーのCD1だけを昼間に延々聞いております。デモ集なのですが、外の喧噪が紛れ込んでいたりして、当時の空気感というか、そういうのも含め延々聞いてしまいます。

あぁ、思いつくままに書くといつもこうやって言いたかったことから脱線していきます。
何を一番言いたかったのか。
1/21のMANNERS企画是非、来て下さい!ということを書こうと思っていたのでした。

宜しくお願いします。







posted by 見汐麻衣 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする