2016年01月01日

オキマン。

大竹伸朗氏の著書「既にそこにあるもの」(ちくま文庫)の中で、山塚アイ氏と雑貨店の中で品物を選んでいるクダリがあり、山塚氏が「店の物を盗むのは『万引き』だが、自分の持ち物を店に置いて出てくるってのが面白くてやっていて、それを『オキマン(置き万)』ってよんでるんすよ。」と書いてあった。

私も小学生の頃同じようなことをやっていた。
通学路の途中に夫婦で営んでいた小さな本屋があり、その店の文庫棚に自分のお気に入りの本を入れて帰ったりしていた。数日後、なに食わぬ顔をして店に行き、本を入れた棚とは違う棚に自分の本が移動しているのを見てニヤリとしていた。ただ、それだけのことなのだが、そういう〈遊び〉をよくしていた。
店のおばあさんに見つかったとき「こんなことしたらいかん」と怒られたのだが、おじさんは「おまえ、おもしろいな」と褒めて(?)くれて、「なんでこんなことしたんね」と聞かれたので「本が動いてたら、手にとった人がなにを考えて戻したのかを想像するのがおもしろいから」と言うと「へんじんやね」と返されたのを憶えている。
他にも自分だけの〈遊び〉があった。
家の近所に空洞ブロックを積み上げて作られた壁があり、
空洞ブロックの上の部分(ウェブという名称らしい)に穴が三つ空いていて、その穴を貯金箱にして500円玉を貯めていた。人様の家の壁の中にお金を貯めていくという行為が面白く、その前を通るたびに「誰もこの壁の中にお金が貯まっているなんて思わないんだろうなぁ」とニヤリとしていた。
ある日、その家が取り壊されることを知り、慌てて向かうと壁は壊されており、工事のおじさんに「壁の中にお金ありませんでしたか?」と聞くと、怪訝な顔をされ「あるわけないやろ」と返されて終わった。
500円玉を10枚以上は入れていたはずで、ないわけがないのだが。あのお金は何処に行ったのか、時々思い出すことがある。
自分にとってはどちらもひとりで楽しむだけの単純な〈遊び〉でしかなかった。
大人になりお酒の席でその話をしたところ「その遊びの何が楽しかったのか?」と聞かれたことがあった。
その時はうやむやな返事をしていたが、後日、よくよく考えると、〈遊び〉を思いつくことが楽しく、〈遊び〉自体を行っているときは凄く真剣だったことを思いだした。
こういう〈遊び〉は地味ながらまだいくつかあるのだが、それがなんだったのかと言われたら未だに判らない。
最近はもう、〈遊び〉ではなく、入った店に自分の持ち物を忘れて帰ることが増えてしまった。









posted by 見汐麻衣 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

おみくじ。

2016年、あけましてめでとうございます。

さてさて、さっそくですが過去5年でわたしがひいたおみくじがなんだったかを振り返ってみます。
2011年 凶
2012年 凶
2013年 凶
2014年 大凶
2015年 末吉

今年は末吉でした。大吉か吉かまた凶か......などと気にしていたのですが、
おみくじで一番肝心なのは和歌の部分だと聞きました。和歌の部分をどう読み解くかが大切だそうです。
今年私がひいたおみくじの和歌は

『冬ごもり春さりくれば
あしびきの 山にも野にも
鶯のなく 鶯のなく』
意味を知って、「よし、かんばろう。」と思いました。しばし考えて、前向きなことしか書いてなかったので末吉くらいの方がいいのかもしれません。調子に乗って足下すくわれないよう、虎視眈々とこの一年過ごしていこうと思いました。
しかし、女の30代は厄年続きでなんなんだと思いますよね。
32歳 前厄
33歳 本厄
34歳 後厄
35歳
36歳 前厄
37歳 本厄
38歳 後厄

これ、多いですよ......。しかも私はここに大殺界というやつが入ります。
単純に30代は身体の変化が多い年というふうに捉えたりもしていますがあまりに集中しているので笑ってしまいました。30代の女性のみなさま、お互いがんばりましょう。むしろ、これだけ厄年やら続くと燃えます。

改めて、今年も宜しくお願い致します。


posted by 見汐麻衣 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

小田原のスナック。

小田原の雑居ビルの中にあるスナックから漏れ聞こえてくる大橋順子のシルエット・ロマンスがあまりにも素晴しく、扉の前で全部聴いてしまう。
声の感じから言うと50代くらいだろうか。しかし、とても透明でクセがなくて、店に入りたかったがやめた。
往年の名曲は、この世で生きている人達の悲喜交々の人生を照らすものなのか、いろいろな町のスナックで夜な夜な歌い継がれているのだと、何故か拳をグッと握りしめてその場を去りました。



posted by 見汐麻衣 at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

朝。

6時半起床。
ゴミをだす為に外へでようと玄関のドアーを開けた途端目に飛び込んできたのは年配の男女による熱い抱擁とキスの場面でした。気づかれないようドアーを閉めた。そんなことって、あるのね。


posted by 見汐麻衣 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする